日記を英語で書いてみる

英語の文章力をあげる方法として、日記を英語で書いてみるという方法があります。

書いてみるとなかなか自分の思いを英語の文章にするのが難しいです。

「あれ、どうやって言えばいいんだ…」

その気付いた箇所を一つずつ学んでいく。そうすることで確実に英語の文章力があがります。

スクールでは日記にチャレンジしている子ども達がいますが、はじめは短い文だった子も今は長い文章がかけるようになってきました。

日記として書いてみることで、スペルのわからない単語も調べてかいたり、難しい文章がかけなくても違う言い方で表現したりとすごく頭を使います。その分、語彙力や文章力は身に付いていきます:)

間違いはこわくない

私もそうですが、日本人は間違いたくないという思いがあるのか、英語でのコミュニケーションにブレーキがかかってしまうことがあります。

間違い=恥ずかしい😫と考えてしまいがちだけどそこを気にしているとコミュニケーションがとれなくなってしまう。

私が海外にいた頃よく外国人の先生がいっていました。単語だけを並べて文法は間違っていてもコミュニケーションはできる。完璧な文章を求めるよりももっと積極的に何でもいいから言葉を発していく方が語学力はあがるよ✨!!!

確かにそうだとおもうし、そこが苦手という気持ちもある。

私と同じ学校にいた南米の生徒は語学力はそんなに高くないけれど、コミュニケーション能力は抜群によかった。彼は間違いなんて気にせず誰にでも明るく英語で話していたので数ヵ月後には周りが驚くほどペラペラになっていた。

英会話スクールでは習っている途中なので間違えるのは当たり前!!

会話力をあげるには、間違いをおそれずに、どんどんチャレンジすることが大きなポイントだと思います:)

単語力をあげよう

以前、英語を学習するにあたって単語をどこから覚えていったらいいのかわからないというご意見をいただきました。

検定に備える場合は単語に特化した問題集もいいですが、会話を重要視する場合私たちがおすすめする方法は「目の前にあるものを英語で言っていく」です。

例えばリビングにいるとして、目に入ってきたものを英語でいっていきます。わからないものが出てきたら調べます。色んな部屋、外出先でもこれを繰り返すだけです。

意外と知らない単語がいっぱい出てきます。What can you see?

I can see ~

と順番に見えるものを答えていきます。

ぜひお子さまとゲーム感覚で行ってみてください(^o^)